契約時の注意点

【疑問】格安SIMのSMS付きプランとは?

更新日:

MVNO格安SIMを契約する際、プランにある『SMSあり』『SMSなし』の違いについて紹介させて頂きます。

SMS付きプランの方がなしのプランに比べて若干金額が高くなりますが、LINEを使いたい場合などは『SMSあり』を選びましょう。

SMSとは

SMSとは音声通話を利用してメールを送るサービスのこと。一回で約70文字前後の文章を相手に送ることが可能です。

 

ドコモでの名称はショートメールサービス

auではCメールソフトバンクではSMSと呼ばれています。

 

このSMSはキャリアで使われるメール機能やgmail等と同じように文章を相手に送ることが出来ます。
しかし大きく違う点は他のメールの音声通話機能を使って文章を送る。という点です。

 

SMSはLINEの登録や各種アプリの登録に必要

皆さんが使われるアプリ。

ゲームなどにはほとんどないと思いますが、例えば楽天関係のアプリLINEの登録時などはこのSMSを使って個人と電話番号の認証を行います。

 

もしもSMSがない格安SIMプランを選んでしまうといざという時に利用したいアプリが使えない。ということもあるのです。

 

注意するポイントデータSIMのみのプランであればSMSサービス付きを選ぶこと。

ちなみに音声通話付きの格安SIMプランであれば自動的に付いてきます。

 

データSIMの場合、SMS付きプランは付いていないプランに比べ若干値段が上がることがほとんどですが、デメリットを考えると付けておくことをおススメします。特にLINEは周囲の人の利用率が高いので、使えた方が便利です。

 

普段はほとんど使わない

SMSは普段はほとんど使いません。使う可能性があるとすれば、相手の電話番号しか知らず、しかもメール以外に連絡方法がない場合です。

 

相手がガラケーを使っていれば場合によっては便利な場合もありますが、利用するたびに『音声通話料金』として金額が発生してしまうので、”一定量通話代金が無料”などのサービスがほとんどない格安SIMにとっては出来る限り使いたくないもの。

 

利用価値はアプリ登録やその他契約時だけのものになりますが、それでもやはり加入はしておいた方が便利です。

 

まとめ

音声通話付きのプランでMVNO契約をする場合は特に考える必要はありません。

 

音声通話が使えるということは自動的にSMSも使えるはずです。

 

問題は、SIMカードのみの契約の場合。

 

契約時に『SMSあり』『SMSなし』を選択できるのですが、もしも特別な理由がない限りは『あり』を選んでおいた方が後々便利に使えます。

-契約時の注意点
-

Copyright© 格安SIMの学校 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.