MVNO各社

DMM mobile(ディーエムエムモバイル)

更新日:

dmm

格安SIM業界きっての低価格MVNODMMモバイル』のプランや詳細を紹介させて頂きます。とにかく低価格に抑えたいという方には非常におススメのMVNOです。

低価格といっても電波の品質も良好。音声通話プランもよういされています。

業界最安値DMMmobile

最安値440円から

データSIMプラン
音声電話プラン
最安プラン 440円~
電話サポート 無料(0120フリーダイヤル)
電話サポートに繋がるまでの時間
メールサポートの返信があるまでの時間  1時間(最速)
故障時などのSIMの再発行金額 2000円
故障時などのSIMの再発行が届くまで
初期費用 3000円
セキュリティオプション 250円/月
解約金 データSIM:なし

音声通話プラン:MNP転出時12か月以内9000円

デビットカード支払い ×
銀行振り込み支払い ×

料金プラン

容量 データ通信のみ 音声通話有り
ライトプラン(低速) 無制限 440円 1140円
高速データ通信プラン 1G 480円 1260円
2G 770円 1380円
3G 850円 1500円
5G 1210円 1910円
7G 1860円 2560円
8G 1980円 2680円
10G 2190円 2890円
15G 3600円 4300円
20G 4980円 5980円

※全て税別

業界最安値のMVNO会社

DMMモバイルの特徴の一つに「ライトプラン、高速通信プラン」があります。

ライトプランというのは、高速通信は行わずにあらかじめ低速通信のみで価格を最大限落としたもの。とにかくスマートフォンを安く持ちたい。という方には向いていると思いますが普通は高速通信プランを選ぶでしょう。

しかし、高速通信プランにしても業界最安値を誇る格安SIM会社。

契約件数も10回線突破し、非常に人気の高い格安SIMです。

 

プランが細かく分かれていて選びやすい

DMMモバイルの高速通信プランは、1、2、3、5、7、8、10、15、20Gと非常に細かく別れています。

ほとんどのMVNOの場合、1,3,5Gプランしか用意されていません。

自分の使用頻度で微調整してプランを選べるのは非常に嬉しいですね。

 

Zenfone HUAWEIなどの人気端末も用意

格安SIMユーザーに非常に人気の高いZenfoneを24回払いの1053円/月から購入できる他、動作確認機種も非常に多くあり今後の広がりの期待のできるMVNO会社ではないでしょうか。

 

店舗は現状用意されていない

IIJmioやmineoの様に店舗での受付は現在行っておらずネットのみでの申し込みになるようです。

店舗が用意されていない分人件費が削減でき、結果的に月額使用料金業界最安値に繋がっているのかもしれませんね。

 

まとめ

とにかく低価格に。お金をかけたくない!という方にピッタリなMVNOです。

DMM自体が非常に大きな会社なのでサポート面や運営面での問題はありません。

 

しいていえば店舗が用意されていないので、契約もサポートも全てネットや電話を通じて行うことになるという点です。

「どうしても契約時は対面で話しながらがいい。」という方は他のMVNOの方が良いかもしれません。

 

ただ、その分人件費を削減できているのでこの低価格が実現できている。と考えれば納得です。

 

-MVNO各社

Copyright© 格安SIMの学校 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.