格安SIM○×診断

格安SIMをドコモの機種で使う

更新日:

MVNOと契約し、格安SIMドコモの機種で使う方法を説明させていただきます。ドコモの機種を使い格安SIMを契約する際の人気のMVNOも同時に紹介させていただきます。

ドコモ回線のあるMVNO会社を選ぼう

ドコモの機種の場合、『ドコモの回線』を使ったMVNO会社であればSIMロックの解除は必要ありません。

むしろSIMロックを解除してしまうと、各MVNO会社の推奨機種から外れてしまい、SIMに対して不具合が起きた場合に交換や保障が効かなくなってしまう場合があります。

 

ちなみに自身はMVNOにするためにはSIMロックを解除しなければいけないんだ!と思い早とちりしてSIMロックを解除してしまいました(泣)

おかげでSIMロックの解除料金3000円が無駄になりました。

ダウンロード

ドコモの機種でもSIMロックを解除することで、au回線のMVNOを使うことは可能です。

 

しかし現状、au回線よりもドコモ回線の方が安定しているという話が多いので現時点で無理にSIMロックを解除する必要はないと思います。

 

ただし、今の自身と同じようにドコモのSIMロックを解除した状態でドコモ回線のMVNOを使うことは可能です。

実際問題なく使用できています。ただ、万が一の場合の保障が対象外になってしまうのです。

 

ドコモ回線のMVNOは非常に多い

現在ほとんどのMVNOがドコモ回線を使っています。

そのためドコモの機種を使っている人は、対応機種であればSIMロック解除の必要がなく比較的楽に格安SIMへ移動できます。
格安SIMへの移動がスムーズなのです。

 

ただ、選択肢が多すぎて一体どこを選べばいいの?ということも起きます。

 

ドコモ回線のオススメなMVNOは

非常にユーザー数が多く、満足度の高いところではIIJmioや、mineo。価格が業界最安値のDMMmobileが非常に人気です。

 

IIJmioはイオングル―プのMVNOで、イオンやビックカメラの店頭で契約することができるのでインターネットでの契約が苦手で直接話しながら契約したい。という方には非常に便利です。

 

mineoは様々な割引サービスが充実して、さらに一か月1Gまでなら無料でもらえるユーザー独自のサービスまであります。

 

DMMmobileは業界最安値を誇るMVNOでとにかく安いです。もちろん知名度も高く回線も安定しているので、IIJmioとは違い店頭契約がないのでインターネットでの契約になりますがこちらもオススメ。

 

まとめ

ドコモ製の機種を引き継いで格安SIMで使う方法が最もスムーズな方法と言えます。

SIMを変更した時点で自動的に元のdocomoとの契約は切れますし、ワザワザSIMロックの解除の必要もありません。

それに選べるMVNOの会社も非常に多いので、好きなサービスのある会社を選ぶことが可能です。

 

auやsoftbankの機種の場合は、選べるMVNOが限られていたりSIMロックを解除しないと使えなかったりと制限が多いのです。

 

-格安SIM○×診断

Copyright© 格安SIMの学校 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.