格安SIM○×診断

格安SIMをauの機種で使う

更新日:

MVNOと契約し、格安SIMauの機種で使う方法を説明させていただきます。auの機種を使い格安SIMを契約する際の人気のMVNOも同時に紹介させていただきます。

au回線のあるMVNOを使おう

aの機種uの場合、『au回線』を使ったMVNO会社であればSIMロックの解除は必要ありません。

 

むしろSIMロックを解除してしまうと、各MVNO会社の推奨機種から外れてしまい、SIMに対して不具合が起きた場合に交換や保障が効かなくなってしまう場合があります。

 

ちなみに自身はMVNOにするためにはSIMロックを解除しなければいけないんだ!と思い早とちりしてSIMロックを解除してしまいました(泣)

おかげでSIMロックの解除料金3000円が無駄になりました。

ダウンロード

auの機種でもSIMロックを解除することで、ドコモ回線のMVNOを使うことは可能です。

しかしキャリアのスマートフォンのSIMロックを解除した時点で、動作保障機種から外れてしまいます。

 

ドコモauソフトバンクなどではなく、もともとSIMフリーのキャリアに属さない機種であれば動作保障機種なのですが元がキャリアの場合は違う扱いになるようです。

 

auのSIMロックを解除した状態でau回線のMVNOを使うことは可能です。

なので間違えてロックを解除した場合も使用はできます。ただ、万が一の場合の保障が対象外になってしまうのです。

VoLTE対応の端末は事前にSIMロックの解除が必要な場合も

auのVoLTE対応機種は扱いが少し異なるようで、あらかじめSIMロックの解除が必要な様です。

動作確認が取れているかは事前に契約を行うMVNOに連絡をして確認しましょう。

 

au回線のあるMVNOは

mineo 、UQmobile この2社が運営しています。

もちろん知名度の低いMVNOでau回線もありますが、分らない時に調べ物をしたりするのにもユーザーが多い方が便利です。

 

mineoはマイネ王という独自のサービスがあり、UQmobileは速度が遅いというネックはあるが無制限にデータ通信できるというサービスがあり人気。

主観ではありますが個人的にはmineoの方がオススメです。

 

まとめ

au回線を扱うMVNOは、ドコモ回線のMVNOと比べるとまだまだ少ないのが現状。

 

SIMロックの解除をしないで使うのであれば非常に限られてきます。

ただ、mineoやUQmobileの様に大手MVNOでも利用可能なので、無理にSIMロックを解除する必要はない様に思えます。

 

ドコモの機種を使うことに比べたら選択できる範囲は狭くなりますが、softbankの機種に比べたらはるかに楽です。

 

 

-格安SIM○×診断

Copyright© 格安SIMの学校 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.