MVNOの疑問

【格安SIM契約で使える】デビットカードとは

更新日:

このページではMVNO格安SIM契約をする際にも使うことのできるデビットカードの紹介をさせていただきます。

格安SIM契約は基本的にはクレジットカードが主に使われますが、実はデビットカードを使用できるMVNOもあるの、まずはデビットカードが何なのかを勉強しましょう。

デビットカードとは

後払い不可のクレジットカード』という表現が一番わかりやすいと思います。

 

普通クレジットカードというのは、カードにより決済が完了した後、カード会社から登録してある銀行口座に引き落としがかかるまでにタイムラグがあります。

買い物をした時は残高が0円だったとしても、引き落としの期日までに銀行に残高を入金しておけば問題がありません。

しかし、デビットカードの場合は違います。

銀行口座の中身をカード決済できるという仕組みなので、デビットカードに登録してある銀行口座に残高が無ければ買い物をすることができません。

その点がクレジットカードとは大きく異なる点です。

 

基本的に審査は不要

デビットカードの場合、クレジットカードのように後払いが可能になるものではありません。

買い物をする時点で銀行口座に残高が無ければ買い物ができないので、『特別に信用が必要になる』ということがないのです。

クレジットカードはカード会社が一時的に支払いを立て替えてくれるものです。しかしデビットカードはそのような事はありません。

なので普通各デビットカードは審査の必要無く作ることが出来ます。

中学生以外の15歳以上であれば作ることが可能

クレジットカードは高校生以外の18歳以上から申請が可能ですが、デビットカードは高校生でも作成が可能です。

そして国際ブランドのデビットカードを作れば、クレジットカードとほとんど同じようにインターネットでの買い物等もできます。

当然口座内に預金が必要ですが。

国際ブランドクレジットカードは

大手では【VISA】【JCB】が認知度の高い国際ブランドのデビットカードを取り扱う会社です。

VISAデビットカードを取り扱う会社

発行元 名称
ジャパンネット銀行 JNBカードレスVISAデビット
楽天銀行 楽天銀行VISAデビットカード
三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJVISAデビット
イオン銀行 イオンデビットカード
スルガ銀行 SURUGA VISAデビットカード
りそな銀行 りそなVISAデビットカード
あおぞら銀行 あおぞらキャッシュカード・プラス

JCBデビットカードを取り扱う会社

発行元 名称
楽天銀行 楽天銀行JCBデビットカード
ちばぎん ちばぎんスーパーカード(デビット)
北洋銀行 北洋JCBデビッ

デビットカードは安全性が高い

クレジットカード同様に、不正利用に関しても保障してもらえます。

ネットショッピングを利用する際などは、いちいちコンビニ決済や代金引換も大変!という方はデビットカードであれば、銀行口座さえあれば作ることが可能で、審査もなくなるのでオススメです。

-MVNOの疑問

Copyright© 格安SIMの学校 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.