MVNOの疑問

格安SIMのためのクレジットカードはどこが良いのか

投稿日:

格安SIM MVNOの契約の為にはクレジットカードが必要 ただし…

格安SIMの契約には基本的にはクレジットカードで毎月の支払いを行うことになります。

「それ以外に方法はないの?」

もちろんあります。デビットカードに対応しているMVNOもあれば銀行引き落としができるとこもあります。

ただし、デビットカードは取り扱っていないところがほとんどで、銀行引き落としも取り扱ってる会社が少ないうえに毎月引落し手数料を支払うことになってしまいます。

それら含めてもクレジットカードを作れる方、もっている方はクレジットカードの引き落としを選択した方が申請、登録、その後がスムーズです。

では様々なクレジットカード会社の本当のところ(?) 公式ページに書いてあるようなことではなくネット上の実際に使った事のある方たちの声をまとめてみました。

楽天カード

CMで同じみの楽天カード。とにかく審査に通りやすいというカードですが、実際のところ審査基準が謎めいている部分があるようです。

もちろん他のカード会社からすればかなり通りやすいと思います。30代半ばの正社員雇用経験のないアルバイトでも通ったという方もいるぐらいです。

しかし楽天カードの審査に落ちたのに三井住友カードの審査に簡単に通ったというような話もあり明確な基準が謎なところです。

ただ、集客やデータ集めの意味合いも含まれているので余程のことが無い限り受かりやすいようです。

「自分にはカード作れるか不安だな」という方はとりあえず楽天カードの審査にトライしてみても良いと思います。

Amazonマスターカード

Amazonで買い物をする方にはオススメのクレジットカードです。ポイントが最大で2%付くので頻繁にAmazonで購入される方は楽天カード等同様お得になるクレジットカードだと思います。ゴールドカードに至っては無料でAmazonプライムの権利が付いてきます。

ただし、年会費が1250円発生してしまうので時々しかAmazonを使わない。と言う方には無用な代物かもしれません。

Yahooカード

Tポイントが貯まるクレジットカード。そして年会費が完全無料というのが非常に魅力的。(ETCは年会費500円)

通信料金の決済時にTポイントを貯めることも可能なので、引き落とし先に登録しておけば自動でTポイントが貯まっていく。

 

 

-MVNOの疑問

Copyright© 格安SIMの学校 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.