MVNOの疑問

一体どんなスマホで格安SIMが使えるのか

投稿日:

現在のキャリアが非常に重要

docomoユーザー

最も格安SIMへの移行が簡単です。

さまざまなMVNOでドコモ回線が用意されているので特に難しいことを考えることはありません。しいて言えば、au回線のみを用意しているUQmobileなどで契約をしない。と言うことです。

間違えてau回線のみのMVNOで契約してしまうとSIMロックの解除をしないと引き継いで使えないので注意しましょう。

有名どころでは IIJmio や mineo などが有名です。

auユーザー

auの機種を引き継いで使うにはauの回線を扱っているMVNOで契約する必要があります。

SIMロックの解除を行えばドコモ回線のMVNOでも使うことは可能ですが、動作確認機種から外れてしまうたオススメはできません。ただしVolte対応の機種に関してはどちらにせよSIMのロックを解除する必要があります。

au回線を取り扱うMVNOは現在少なく、知名度の高いところではUQmobilemineoのAプランが有名です。

SoftBankユーザー

3大キャリアで最もMVNOへの移動に手間がかかります。手間と言っても、やり方さえ順番に行えば難しいことはありません。

まず第一に「ソフトバンク回線」というものがMVNOにはありません。

なのでau回線docomo回線を使う必要があるのですが、その為には今使っているソフトバンクの機種のSIMロックを解除する必要があります。

しかしソフトバンクの機種の場合2015年5月以前に発売された機種に関してはSIMのロックが解除できないようになっているので、そのままの状態では使えません。

詳しくはコチラ

2015年5月以降に発売された機種でああればSIMロックの解除が可能なのでMVNOに移動するすることは可能です。ただし、SIMロック解除後は動作確認端末から外れてしまうケースが多いのでその場合自己責任での使用になりますが、実際使っている人は沢山いるのでそこまで警戒しなくても…という印象はあります。

契約時のポイントとしては、ドコモ回線の方がオススメと言うことです。

どちらにしろSIMロックを解除してしまえばau回線ドコモ回線関係なく使用が出来ますのでそれなら比較的回線の安定しているドコモ回線がオススメできます。

SIMフリーの機種をお使いの方

3大キャリアの端末ではなくすでにSIMフリー機をお使いの方はドコモ回線を強くお勧めします。

これは受信するbandの違いで、SIMフリー機でau回線を使うと音声通話時にbandがかみ合わずに極端に電波が弱くなる可能性があるのです。

なのでドコモ回線がオススメ。そしてこれからSIMフリー機を購入される方は、出来れば国産のSIMフリー機を選んで頂いた方がbandがかみ合いやすいのでオススメです。

bandに関する説明はコチラ『』

 

-MVNOの疑問

Copyright© 格安SIMの学校 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.