目的から選ぶMVNO

mineo(auプラン)はどうなのか?

投稿日:

auユーザーが格安SIMを利用しようとすると大きな問題に突き当たります。それは、各MVNOが提供する格安SIMがdocomo系通信回線であり、所有するスマートフォンやタブレット端末に対応していないといった問題です。そこで、auユーザーの選択肢はmineoまたはUQmobileのどちらかになります。もちろんややマイナーな会社になれば他にもありますが、慣れないうちは知名度が高い方が後々便利です。

今回は、mineo(auプラン)について、調べてみたいと思います。

 

料金プランの詳細は?

やはり、auから乗り換える理由は月額料金です。一番はmineoがどんな料金プランでサービスを展開しているのか、消費者は気にします。料金プランは、次の通りです。

シングルタイプ(データ通信のみ)

500MB:700円

1GB :800円

3GB :900円

5GB :1,580円

10GB :2,520円

シングルタイプは、SMS機能が無料で使用することが出来ます。一般的にSMS機能が月額120~150円追加になりますが、mineo(auプラン)なら無料です。

デュアルタイプ(データ通信+音声通話)

500MB:1,310円

1GB :1,410円

3GB :1,510円

5GB :2,190円

10GB :3,130円

シングルタイプおよびデュアルタイプの双方で、050IP電話の『LaLa Call』が月額無料です。

mineo(auプラン)は他MVNOの料金プランと比べても、安い方です。特に同じau系通信回線を使用しているUQmobileに比べ、どちらのプランもお得感があります。また、ユーザーが自分の使用方法にあったプランを選べるため、月額料金を大幅に抑えたい方にはおススメします。

 

実は意外な問題点があった・・・

月額料金が安いmineo(auプラン)ですが、問題点があります。それは、対応する端末も少ないことです。auユーザーがスマートフォンのSIMロックを解除しても使用できないことがあります。また、SIMフリースマートフォンやタブレット端末の対応状況もズバリ、良い状態とは言えません。auから乗り換えようとしても、端末自体を買い替える必要性があることや対応する端末が少ないなど問題点は非常に多くあります。

ただし、現在のところ対応が確認されている端末は非常に問題は少ないです。UQmobileの場合、数多くのスマートフォンやタブレット端末を掲載しています。しかし、音声通話とSMSのみの対応だけで、データ通信が対応出来ないといった問題があります。しかし、mineoの場合、対応が確認された端末の多くはデータ通信も出来るため、安心して端末を購入することが出来ます。もし、端末を購入するのであれば、ネット通販で同じ端末を購入した方が購入費用が安く済みます。

 

まとめ

ズバリ、mineo(auプラン)端末の対応が確認できるauユーザーにはおススメです。また、通常はdocomo系の通信回線を利用しているユーザーがシングルタイプで通信回線を確保する場合、確実に確認をすることが必要です。現在ではWi-Fi端末にauおよびdocomo系の通信回線を利用できるものがあります。

しかし、多くのWi-Fi端末はdocomo系の通信回線に対応しているため、au系の通信回線が対応しません。

確かに月額料金は安いですが、mineo(auプラン)は落とし穴がいっぱいあるのでご注意をお願いします。

-目的から選ぶMVNO

Copyright© 格安SIMの学校 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.