目的から選ぶMVNO

かつての格安SIMの弱点である”音声通話”は今や快適に

投稿日:

以前までは通話料が高くなってしまうことが弱点だった

格安スマホに乗り換えようとしても、一番のネックとされていた”音声通話”。しかし今は様々なMVNOがこの音声通話を使いやすく改善し、今や弱点にはならなくなってきている。

格安SIMを使えば確かに基本料金は安くなる。しかし、キャリアに比べて”通話し放題”などのプランが用意されていなかったため、基本料金は各段に安くなったが、音声通話を多用していたら結局今までよりもトータルの値段が高くなってしまった。

ということが実際今まで起きていました。

多くの携帯電話通話料は約20円/30秒に設定されています。大手キャリアで契約していると、毎月ある程度の料金までの無料通話がもらえたり、家族間であれば安くなったり、中には完全に定額で通話し放題。というプランが用意されているためよほど極端な使い方をしない限りは一定料金に毎月収まっていたのですが、格安SIMの場合は音声通話を使えば使った分だけ請求が来ます。

1分で40円。一時間まともに通話してしまうと2400円も請求に上乗せされてしまうのです。

しかしそれは昔の話。今は格安SIMでも音声通話をある程度気兼ねなく使えるプランもあるのです。

最も有名なサービスが”楽天でんわ”

完全な話し放題ではありませんが、5分間までは月額850円支払うことで話し放題で使えることができるというプランを用意しているMVNOもあります。

それが楽天mobileの提供する楽天でんわ

このサービスは楽天mobileでSIMを契約することで加入できるようになるのですが、一回の通話が5分間以内であれば何回使用しても月額850円に収まるという、今までの格安SIMの弱点であった音声通話向けのサービスなのです。

もちろんうっかり5分を過ぎてしまったとしても、5分以降の通話料は通常の半額の10円/30秒で通話することができるので音声通話を多用する人は非常におススメできます。

例えば、楽天mobileの5Gプランを契約し、5分かけ放題の楽天でんわサービスに加入したとしても

基本料金:2150円 楽天でんわ:850円 ちょうど3000円+消費税 の計算になります。

他にもある話し放題格安SIM

と言っても、格安SIMで通話し放題のプランを用意してあるMVNOはまだまだ少ないのが現状。

その中でも楽天でんわと同じ価格帯で通話し放題プランを用意してあるMVNOを紹介させていただきます。

FREETEL

1分かけ放題 最初の1分間は無料 399円/月
5分かけ放題 最初の5分間は無料 840円/月
たっぷり半額通話 無制限に通話料金半額(10円/30秒) 0円/月(無料)

このような料金体制になっており、楽天mobileよりも選ぶことのできるプランが多いのが特徴です。

まとめ

格安SIMにおいて今まで懸念されていた音声通話に関してはどんどん改善されています。

話し放題の需要はあるため、おそらく今後も他のMVNOが話し放題プランを作ってくることも考えられますし、今まで通話代が気になって格安SIMへの乗り換えを迷っていた方は、調べてみるともしかしたら自分のスマートフォンの使い方にピッタリにプランを用意してある会社もあるかもしれませんよ。

-目的から選ぶMVNO

Copyright© 格安SIMの学校 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.